Home > adon | 写真撮影 > 歴史の宿・金具屋で体験する千と千尋の神隠しの世界と、信州の幸を使った不老膳

歴史の宿・金具屋で体験する千と千尋の神隠しの世界と、信州の幸を使った不老膳

歴史の宿・金具屋で体験する千と千尋の神隠しの世界と、信州の幸を使った不老膳

「千と千尋の神隠し」に登場する油屋のモデルと噂されている、渋温泉が誇る歴史の宿・金具屋に泊まってきました。

 

7月の上旬に信州は渋温泉にある「金具屋」に行ってきました。
超有名な宿なので詳しい説明は省きますが、ここは千と千尋の神隠しに登場する油屋のモデルになった建物なのでは・・・とファンの間で噂されている建築物になります。

 

 

北陸側の長野なので関東からはちと遠いかなと思っていましたが、最近は道路が整備されて便利になったおかげでたった4時間ちょいで来れてしまうし、車も進化してレーダークルーズコントロールで楽々ドライブ出来てしまうので、全く有り難い世の中になったものです。

旅メモ的な記事ですが、よかったら見てやって下さい~
画像はクリックすると大きな画像になりますので、伸びきるまでブラウザを広げてね。

 

 

kanaguya_01
いきなり信州だドン!
地元から圏央道~関越道~上信越自動車道を経由して、約4時間ほどで渋温泉近くの道の駅やまのうちに到着。
ちょっと早く着いてしまったのでぶどうソフトクリームとか食べたりして、このあとは少し先の志賀高原をドライブしたりしていました。
kanaguya_02
ようやく宿のチェックイン時間になったので再び渋温泉に。
川のこっちがメインの温泉街で、向こうは宿泊客の駐車場とかがあります。
金具屋の駐車場に入れて歩いていこうと思ったら、駐車場で待ち構えていた従業員の方に宿までハイエースしてもらえた。
kanaguya_03
温泉街いいねぇ。平日なのでとても空いていてのんびりできそう。
kanaguya_04
金具屋に到着しました!
写真で見て建物は知ってはいたものの、なるほど確かに油屋のイメージを感じる建物で、やはり木造で4階建てという稀有な建築がそう思わせるのでしょうかね。
それよりもハイエースされてそのままチェックインしてしまったので、昼の建物の全景を撮ってなかったorz
まあ後の方にライトアップのありますんで・・・
kanaguya_05

 

kanaguya_06
金具屋は幾つもの建屋が繋がった造りになっていて、その中でもフロントになっている建物は比較的新しい建築物。
kanaguya_07
部屋に案内されるのに奥に進むと、いきなりノスタルジックな雰囲気に変わる。
金具屋の館内は部屋ひとつひとつを家屋に、廊下を道に見立てて造られているんだそうな。
なので部屋に廊下を見れる窓が付いているし、この通りは商店をイメージしたものらしい。
kanaguya_08
金具屋の部屋は全て別々の造りになっていて、それぞれの客室が特徴のある建築になっていてとても面白い。
ネット予約だとプランだけですが、電話で予約すると部屋も選べるので『杏林(あんず)』という部屋にした。
働いたら負け。
kanaguya_09
この杏林はAプランでのみ選べる部屋で、そのAプランにすると夕飯も一品増えて個室で食べれるということです。
まあAプランと言っても、ワンフェスの時に幕張近辺のホテルに泊まるのと同じくらいかもしかしたら安いかも。
kanaguya_10
杏林を選んだのはこの縁側スペースがえらく気に入ったから。
昔の良い家って和風ながらもこういう洋風な場所があったよねぇ。
kanaguya_11
えらい骨董品が置いてあると思ったら現役の内線だった。
用事ないから使わなかったけど、いざ使おうと思っても使い方が分からなそう。

 

 

 

kanaguya_12
人が入ってない時にお風呂撮っていいですかと聞いたら、じゃんじゃん撮ってくれと言われたので、遠慮なく撮りながら内湯めぐりに。
これは屋上の方にある露天風呂で、内湯の中では唯一硫黄分を含んでいるとのことで、独特のヌメッと感が気持ち良い風呂だった。
他の宿泊客も風呂には必ずカメラ持ってきてるくらい、金具屋は内湯が有名なのであります。
kanaguya_13
こっちは鎌倉風呂と言われてる風呂で、別にある浪漫風呂とは24時間で男女の入れ替えをしてる。
他にも貸し切り風呂があったりして、そちらは空いていれば鍵をかけて入れる。
kanaguya_14
こっちが浪漫風呂で、これはビジュアル的にも一番有名な金具屋の内湯になりますね。
これは男女入れ替えの都合や人が居ない時に行きたいと思い、早起きして明け方に行ったけど同じこと考えてる人とばったり会ったw
でも湯気であっという間に曇ってしまってまともに撮れなかったので諦めて風呂に入った。気持ちよかった。
kanaguya_15
風呂上がり麦ジュースサイコー。

 

 

 

kanaguya_16
雨が降り出す前に温泉街を散策。
kanaguya_17

 

kanaguya_18
温泉まんじゅう夜食に買ったらすごい美味かった、特に味噌まんじゅう。
翌日にお土産で買おうと思ってたけど、朝から雨で憂鬱になりすぎて失念してた・・・
kanaguya_19
なんと渋温泉の旅館に泊まると9つある全ての外湯に入ることが出来る鍵を借りれるのである。
これが楽しみで来たんだけど内湯でかなりお腹いっぱいになってしまっていたし、湯あたりもしたくないので、外湯はとりあえず3箇所くらいにしときました。
kanaguya_20
温泉街にこういうところが9箇所あって鍵を開けて入ります。
それぞれ湯質が違うので効能もそれぞれ異なるという面白さ、さすが古くから湯治で有名な場所だけある。
ぼくは今回はこの初湯と6番湯、そして日帰り入浴でも利用できる9番湯に入ってみました。
kanaguya_21
渋温泉のお湯はとにかく熱い、めちゃくちゃに熱い。
人の多い週末だと前の人が薄めてくれているけど、ほぼ人の居ない平日はなみなみと熱い湯が湯船に溜まっていて、マジですぐに入れないほど熱い。
しかし薄めてやっと湯にありつくとすごいいいお湯である・・・・この木の湯船の感じとかも素晴らしく良い・・・・
kanaguya_21a
こっちは”目洗いの湯”と呼ばれている6番湯で、その名の通り眼病に効能のある湯質だそうな。
1番湯とは湯質が違うのが写真でも分かるかと思います、こっちは透明な湯の中に白い湯花が浮いているの分かるかな。
ここもめちゃくちゃに熱かったんだけど非常に良いお湯であった・・・・
そんな感じで外湯はとても良かったものの、流石にこの季節に何回も入るのは辛いので、もう少し涼しくなったら改めて渋温泉に泊まりに来たいなぁ。

 

 

 

kanaguya_22
夕飯前に金具屋文化財巡りというツアーをやっているので参加してみた。
この舞台も当時のままのものだということです。
kanaguya_23
9代目が直々に案内してくれる約30分ほどのツアーは、金具屋の成り立ちや建築の歴史など内容が濃くて面白いのでおすすめです。
kanaguya_22a
集合場所のこの広間は現在はお食事会場になっていて、当時でこれだけの広間で柱がないというのは凄いことだったらしい。
今回ぼくは個室が用意されるプランだったのでここでは食べなかったけど、今度来ることがあったら絶対にこっちで食べたい。
kanaguya_24
本当の水車の部品だそうな。
建築や増築をした当時に、普段は堅苦しい建物ばかり立てている宮大工に頼んで好きに作ってもらったらしい。
部屋をひとつひとつ家屋に見立てていたり、室内に空があったりと遊び心に溢れた意匠で、紹介しきれないくらい独創的で楽しい建物だこれ・・・
kanaguya_25

 

kanaguya_26

 

kanaguya_27
小物も良いものを使っていて、ほとんどが当時のまま残っている。
この切子細工みたいな照明はどうだか分からないけど、かなり気に入ってしつこく何枚も撮ってしまったw
kanaguya_28
湯屋のモデルと噂されている旅館だけあって、千と千尋コスプレ撮影が行われたこともあったそうです。
主催の方からの申し入れがあって「お客様の迷惑にならなければ」と許可したところ、あまりにも素晴らしい写真だったので飾っているのだそう。
この写真は9代目の説明をうけていた年配の方々も絶賛していました・・・!

 

 

 

kanaguya_29
そしてようやくの夕食はオリジナルの地鶏の治部煮の信州仕立て「しぶのじぶ煮」!
あ、蓋取るの忘れてるけど、鍋で火にかけられているやつが治部煮ね・・・。
信州が長寿大国な理由は多く存在している良質な温泉と、信州特有の食材、食文化によるものである!
という考えで不老膳をめざしているんだそうです。
kanaguya_30
岩魚の塩焼きがとんでもなく美味かった・・・川魚ってそれほど美味しいイメージ無かったけど完全に間違いでした。
美味いものは旨い。
kanaguya_31
揚げ出し豆腐もじわ~っと染み渡る素晴らしいお味であった・・・・
舞茸がまたね、舞い踊るほど美味いって感じですわ。
kanaguya_32
治部煮は本当に美味かったなぁ、ボキャブラリーなさすぎて美味さを伝えられないのが残念であるよ。
鶏は臭みなど全く無く柔らかくて最高オブ最高オブ最高の鶏なのはもちろんだけど、この黒っぽいきのこが凄い美味しかった。
とても可愛い仲居さんに聞いてみたら確かアミタケって言ってたけど忘れちゃったな、まあ仲居さん可愛いかったからいいか。
kanaguya_33
信州といえばやはり蕎麦、そしてここでもやはりきのこが美味しいところに構えているぜ・・・
長寿大国信州の秘密は蕎麦ときのこにありだな。
しかし全体的にとてもボリュームのある献立だったので、デブのぼくでもかなりキツくなってきたぞ。
kanaguya_34
別腹。
しかしAプランだと食事は個室を用意されるんだけど、写真撮るのにはとても暗くて飯の色がぜんぜん出ない・・・
フラッシュかライトバンク持ってくりゃよかったねw

 

 

 

kanaguya_35
登録有形文化財の金具屋は夜にライトアップされていて、ネットでもかなり有名なこの写真をぼくも撮ったやったZE!
手前にはお立ち台があって記念撮影も出来るようになってて、やはり有名な観光スポットなんだね。
kanaguya_36

 

kanaguya_37
金具屋のねこ、にゃん太(メス)
kanaguya_38
観光地のねこは悟りを開いているので人間が空気。

 

 

 

kanaguya_39
そして一夜明けて朝飯は麦とろ御膳であります。
昨日雨が降ってきてさっさと寝てしまったので、晩御飯がまだ残っている感じがする・・・
kanaguya_40
だか美味いものは旨い、朝風呂に入りまくってもっと腹減らしておくべきだったな。
そして朝飯もやっぱり個室で食べたけど、窓がないので夜みたいに暗くて黄身の色がでないよ~~~。
杏林に泊まると食事も個室になってしまうので、次は舞台のあった大広間で食事になるBプランにしよう。

 

 

 

というわけで「歴史の宿・金具屋で体験する千と千尋の神隠しの世界と、信州の幸を使った不老膳」でした。

この金具屋が実際に千と千尋の神隠しの油屋のモデルであるかは公式のアナウンス等もなく巷で言われているだけなのですが、現在の建築法では許可されていない現存する数少ない木造4階建ての建物であることから、「ここは全く関係ない」とはとても思えないほどあの世界を感じられる場所でした。
それよりなにより千と千尋の神隠しは置いておいたとしても、とても素晴らしい湯と料理が楽しめる旅館ってのは間違いないですね。

こうなるともう一箇所、やはり油屋のモデルと言われている四万温泉の積善館にも行ってみたいところであります。

 

関連リンク

Home > adon | 写真撮影 > 歴史の宿・金具屋で体験する千と千尋の神隠しの世界と、信州の幸を使った不老膳

使用機材レビュー
Canon 2012.10.08
EOS 1DX
SONY 2014.09.10
DSC-RX100M3
CANON 2012.08.14
EF70-200mm F2.8L IS II USM
CANON 2013.01.14
EF24-70mm F2.8L II USM
CANON 2012.06.08
EF17-40mm F4L USM
CANON 2012.01.22
EF100mm F2.8L Macro IS USM
SIGMA 2014.11.17
35mm F1.4 DG HSM
GITZO 2013.02.09
GT3532S
ARCA SWISS 2013.02.27
monoball Z1
ThinkTankPhoto 2012.10.21
StreetWalker HardDrive

Return to page top