Home > adon | 写真撮影 | 舞台探訪 > 花咲くいろはの舞台・緒花の歩いた湯乃鷺駅と、福助の富山湾鮨

花咲くいろはの舞台・緒花の歩いた湯乃鷺駅と、福助の富山湾鮨

花咲くいろはの舞台・緒花の歩いた湯乃鷺駅と、福助の富山湾鮨

アニメ『花咲くいろは』に湯乃鷺駅として登場した西岸駅に行ってきました。あとめっちゃ美味い寿司も食べた。

 

まことおじさんが忠誠を誓う声優ユニット「スフィア」が充電期間として1年の活動休止を宣言、現在は全国ツアーの真っ最中となっています。
活動休止になるとしばらくライブにも行けないということで、このツアーは出来るだけ応募して応援しよう!と手当たり次第に応募したらほとんど当たってしまうという自体が発生。
そんな訳で今年はなかなか充実した声豚ライフを送ることになってしまいました。
今回行った富山は前にも来たことがあって、是非リピートしたい場所だったのだけれども、前回同様に天気は荒れ模様・・・
ツアー行軍の時はあまり写真も撮らないし記事にもしないんだけど、今回は舞台探訪的な場所にも寄れたので、簡単ですが書き残しておきますね。

 

 

yunosagi_01
今年一番の大きな台風が接近する中、神通川に沿っての特徴あるアプローチで華麗に富山空港へ着陸。
2年前と同様に生憎すぎる天気で気分もダークネス、しかも台風も接近しているし帰りの飛行機も不安で仕方がない。
yunosagi_02
世界で一番美しいスターバックスと言われている環水公園のスタバで一休み。
晴れていればその通り本当に美しい場所なのですけども、曇りだとさすがにちょっと残念な感じになってしまうという。
なので外からの写真はまた晴れた時に撮るので、今回の曇天写真はオール没ですね仕方ない。

この後は富山駅前のオーバードホールで開催されたスフィアライブに参加して、翌日は曇天の能登半島をドライブ、帰りの飛行機も台風が来る前に飛んでくれて無事に帰宅できました。
結果はライブ以外は天候に恵まれなかった北陸遠征でしたが、能登半島を周っている時に花咲くいろはの舞台にもなった西岸駅に寄ることが出来たので、その時の写真をご紹介します。

 

 

 

『花咲くいろは』は北陸のとある旅館を舞台としたアニメで、その温泉街のモデルになった金沢の湯涌温泉はアニメを発端とした「湯涌ぼんぼり祭り」も慣例行事として定着するほどになっています。
その湯涌温泉からは距離が離れていますが、この西岸駅も作中で主人公の緒花たちが利用する「湯乃鷺駅」として印象深く描かれており、「花咲くいろは」を全面的に受け入れるその懐の深さから、湯涌温泉同様に通年で沢山のファンが訪れる名所となっています。

 

yunosagi_03
能登島の西側、石川県七尾市に静かに佇むのと鉄道七尾線の西岸駅。
無人駅であるため人の気配もさほど感じられず、人知れず静かに佇む秘境駅といった雰囲気さえある。
yunosagi_04
そのローカルな外見とは裏腹に、待合室には緒花のパネルが置いてあり、ここがただならぬスポットであることを感じさせます。
yunosagi_05
放送当時からファンが沢山のものを持ち込みすぎたために駅舎内が雑然としてしまい、一時は撤去という決断を余儀なくされたこともあったとの話も。
現在は整然としたスペースにポスターや関係書籍が置かれており、鉄道会社の方々や有志の手によってこの場所が大切にされていることが伝わってくるようだなぁ。
yunosagi_06
交流ノートは33冊目になっていました。
電車の待ち時間も忘れるほどの充実空間になっている西岸駅。
yunosagi_07
期間限定で掲示された作中の駅名である「湯乃鷺駅」の駅名標は、予定された掲示期間を過ぎた今もファンを導く標として立てられています。
これはキービジュアルで描かれた場所になりますが、今度はキービジュアルのように後ろの桜が満開の時に来てみたいものですわ・・・
yunosagi_08

 

yunosagi_09

 

yunosagi_10

 

yunosagi_11

 

yunosagi_12

 

yunosagi_13

 

yunosagi_14

 

yunosagi_15

 

yunosagi_16

 

yunosagi_17
しばし時間を忘れて写真を撮っていると、ご同業の方々がどこからともなく現れて線路の彼方を見つめているではないですか・・・?
こ、これはましゃか・・・
yunosagi_18
なんと花いろラッピングトレインが登場だー!
特に時間を合わせていたわけでなく、フラリと寄っただけだったけどこれは嬉しい。
yunosagi_19
車両の先頭にはファンらしき方々が大勢いるようで、どうやら車内も花いろになっているようですね。
今回はレンタカーでの訪問でしたが、今度は電車の旅にして花いろラッピングトレインを満喫したいものです。
yunosagi_20

 

yunosagi_21

 

yunosagi_22
僅かな時間停車しただけで、あっという間に出発していく花いろラッピングトレイン。
ローカル線でもダイヤを厳守する日本の鉄道文化すごすぎるぜ、ありがとうのと鉄道七尾線・・・・!

僅かな時間でしたが花咲くいろはの重要な舞台である西岸駅に来ることが出来て本当に良かった。
せっかくの北陸旅行が曇天で落ち込んでいましたが、思わぬ素晴らしい探訪が出来て大満足の週末になりました。
まあ出来れば晴天の時にも来たいw 以前に行った湯涌温泉も雨嵐だったので、北陸は晴れるまで何度でもチャレンジするゾ~~。

 

 

 

今回の北陸旅行の目的のひとつに富山の「福助」でまたお寿司を食べたいというのもありまして、そちらは天気に関係なく美味しい富山湾の幸をいただくことができました。

 

yunosagi_23
福助は富山駅前のビル群の中に溶け込むように店を構えています。
とても普通の寿司屋な外見ですが、ちょっと違うのは料理の値段がずらりと並んでいて、見るからに「明朗会計」のお店であること。
ぼくのような小市民には回らないお寿司なんてかなりの高級品・・・食べたいネタがあるけど幾らか分からなくて怖い!なんてことは絶対にないであろう安心できる店構えでありますな。
yunosagi_24
この世にビールがあって本当に良かった。
yunosagi_25
お通しはあさりの生姜煮的なもので、あまりにも美味すぎて瓶詰めで持って帰りたいレベル。
当たり前かもしれないけど全然臭みも無くて、これで炊き込みご飯作って貰ったら旨いだろうな~とか思いながらあっという間に食べてしまった。
これは日本酒にするべきであった。
yunosagi_26
福助はとても小じんまりした店で、6~7人ほどのカウンターと奥にお座敷があるみたい。
前に湯涌温泉に来た時に帰りに食べたらとても美味しくて、ここはまた来たいと思っていたので嬉しい。
yunosagi_27
富山湾鮨~~~~!!!!
富山湾鮨とは富山の観光促進も兼ねて協賛する寿司店が提供するセットメニューのこと。
もちろん何でも良いわけではなくて、富山湾鮨を名乗るにはいくつかの条件を満たしていること。

富山湾鮨とは
豊かな自然環境に恵まれ、四季を通して多彩な海の幸に恵まれた富山湾。
そこから揚がる旬の地魚を、新鮮なまま堪能できるのが「富山湾鮨」です。
富山ならではの天然・新鮮の極上寿司が、富山を訪れた人々をもてなします。

1セット 10貫
お値段は定価で2000円〜3500円(税別)
ネタの全てが、富山湾の新鮮な海の幸※ 
シャリは米どころ富山県が誇るおいしい県産米 
富山らしい汁物付き

とまあ要約すると、富山の幸をふんだんに使っていて気軽に食べられる値段というのがポイントです。

yunosagi_28
富山といえば白えび!
富山湾鮨のネタは仕入れによって変わるものの、白えびは前の時も入っていて富山の顔だなという感じですねうめぇ!
yunosagi_29
甘えびには味がついているのでそのままで、と言われて食べてみたらスダチの爽やかな香りの後に海老の旨味が広がっていって、大して魚介類が好きでもないぼくでも突然海老について語り出すほど美味い。
yunosagi_30
そ、そしてこれは・・・ものすごいトロです・・・・
あっ、あっ・・・・お口の中で溶けてしまいます・・・・・
寿司を食べててなんですが、ぼくは実は魚介類が苦手で少しでも生臭いと絶対に食べれないのです。
でも富山にいるとそんな悩みなど無かったかのように魚が美味しく食べられるよ・・・・ありがとう富山。
yunosagi_31
このあら汁は全く臭みがなくて本当に旨味だけで出来てる感じです。
富山湾鮨で嬉しいのは汁物が付くことですね、汁好きなぼくとしてはとてもありがたい。
至れり尽くせりのこの富山湾鮨、なんと2300円なり。安すぎて飲んだあら汁を鼻から噴き出すレベル。
yunosagi_32
追加で握りを注文するのも、全部値札が付いているから安心ぜよ。
いや~しかしトロ美味い。
そういえば前に来た時には、イカスミの塩辛の軍艦巻きを食べたんだけど、今回は無かったな。
うーん、聞いてみればよかった。あれもすごい美味しかったんだ。

 

 

 

 

yunosagi_33

というわけで「花咲くいろはの舞台・緒花の歩いた湯乃鷺駅と、福助の富山湾鮨」でした。
スフィアライブがメインの予定だったけど、一応の記事にできる行軍になってよかった。
他にものとじま水族館とか千里浜なぎさドライブウェイとかも行ったんですが、曇天につき写欲を削がれてあんまり撮らなかったんだよね。
そんな状態でしたが、西岸駅に行ったらテンションMAXになってしまいましたけども。

食べ物も美味しくて、富山湾鮨というリーズナブルなメニューをかなり多くの店が用意してくれているのが有り難いですね。
そうそう、2日間魚ばかり食べてたら流石に肉が食べたくなって、堪らずにあるステーキ屋に行ったらハチャメチャに美味かったんだよ。
それは次の北陸旅行で紹介したいですね、ガーリックライス最高なんだ。

帰りのヒコーキは台風が来る寸前で離陸できて無事に帰れました。
最後に富山駅上空からの写真を。ありがとう富山と石川。

Home > adon | 写真撮影 | 舞台探訪 > 花咲くいろはの舞台・緒花の歩いた湯乃鷺駅と、福助の富山湾鮨

使用機材レビュー
Canon 2012.10.08
EOS 1DX
SONY 2014.09.10
DSC-RX100M3
CANON 2012.08.14
EF70-200mm F2.8L IS II USM
CANON 2013.01.14
EF24-70mm F2.8L II USM
CANON 2012.06.08
EF17-40mm F4L USM
CANON 2012.01.22
EF100mm F2.8L Macro IS USM
SIGMA 2014.11.17
35mm F1.4 DG HSM
GITZO 2013.02.09
GT3532S
ARCA SWISS 2013.02.27
monoball Z1
ThinkTankPhoto 2012.10.21
StreetWalker HardDrive

Return to page top