Home > adon | 写真撮影 | 登山 | 舞台探訪 > 新緑眩しい鍋割山から見る絶景の富士山と、鍋割山荘の鍋焼きうどん

新緑眩しい鍋割山から見る絶景の富士山と、鍋割山荘の鍋焼きうどん

新緑眩しい鍋割山から見る絶景の富士山と、鍋割山荘の鍋焼きうどん

4月のGW前半にヤマノススメ原作『鍋割山で鍋焼きうどん!!』で描かれていた鍋割山に登ってきました。

 

2018年7月から遂にヤマノススメ3期が放送開始ですね!
そこで今回は原作11巻『七十七合目 鍋割山で鍋焼きうどん!!』の舞台となった丹沢山系の鍋割山へ行ってきました。
ひなたがあおいを誘って出かけた鍋割山にある山荘の鍋焼きうどんが超絶品らしいので、それを是非とも食べてみたいという動機での登山でっす。

 

 

これが今回のルートです。

結論:運動不足のデブオタには過酷な登山だった

 

 

 

 

5:40 ヤマノススメであおいとひなたが食べていた鍋焼きうどんを求めて大倉バス停からスタート

nabewari201804_01
丹沢山系の登山口は幾つかあるのですが、今回は最も一般的な大倉から入山します。
朝5時くらいに到着したものの、駐車場は最後の1台!
危なかった・・・ここに停められなかったら公園の駐車場が開く8時まで待たなくてはいけないところであった・・・・
nabewari201804_02
大倉からは西山林道を使って鍋割山に登ります。
ほとんどの人は塔ノ岳の直登ルートの大倉尾根を登っていくので、鍋割山直登のこちらは人も少ないので寂しい。
ちなみにひなたとあおいがどこから入山したかは明記されていませんが、扉絵のイラストや地図から表丹沢県民の森からぽいですね。
今回の大倉はバスで来れるけど表丹沢県民の森は車でしか行けないです。きっとお父さんに乗せてきて貰ったのでしょう。
nabewari201804_03
鹿避けの網をくぐったら完全アウェーの山の中。
丹沢はもちろんがいるし目撃情報も多いので、ソロ登山はとっても怖いですね。
友達つくっておけばよかったと後悔しながら、熊鈴オンでいざ入山です。
nabewari201804_04
西山林道というだけあって、大倉から2時間ほどこういう感じの長閑な林道が続きます。
あおい曰く「林道って楽だけど景色地味」ですが、今の時期は新緑が綺麗で歩いていてすこぶる気持ちが良かった。
nabewari201804_05
うっかり覗こうとして足を滑らせたらヤバイくらいの高さがある砂防ダム。
nabewari201804_06
単調な林道の様子がだんだんと変わってきました。
そう言えばこのあたりヤマビルが多いみたいで、夏は対策して来ないと血が無くなりそうです。
nabewari201804_07
林道終点あたりに鍋割山荘経由で行く人に水歩荷を募る場所があり、ここは作中でも重点的に描かれている場所です。
ひなたがナチュラルに煽ったせいで、あおいは無理して4Lのペットボトルを持っていくというw
水歩荷はもちろん強制ではないので無理は厳禁ですが、自分の鍋焼きうどん分くらいはと思い、ぼくは2Lのペットボトルを持っていきました。
nabewari201804_08
後沢乗越手前から突然の急登に変わり、木の根の間の険しい道をひたすら登っていきます。
nabewari201804_09
ようやく後沢乗越の分岐まで来ました・・・もう股関節が分解しそう。
後ろからガンガン迫っていた歩荷さんに抜いてもらう。しかし歩荷さんすっごい体力だ・・・
nabewari201804_10
稜線沿いに登っていくゾーンもキツいけど展望や景色が良いので気が紛れる。
ここまで登ると左後ろくらいに富士山が見えていたり、演習場の砲撃音が聞こえたり、羽田から離陸して西日本へ向かうヒコーキの音が聞こえたりするのでテンション上がる。
nabewari201804_11
あっ、あっ、ソーラーパネルが見えてきました・・・・
これが早く見たかったぜ・・・しかし山小屋にたどり着く瞬間ってドラクエで森の中に隠れた村を見つけた感覚と同じだ。

 

9:53 鍋割山荘に到着 そして鍋焼きうどんと感動の対面

nabewari201804_12
9:53 鍋割山荘到着だドン!参考コースタイムをオーバーして大倉バス停から4時間15分かかりました。
山荘の開店は10時からのはずだけど皆もう鍋焼きうどん食べてるぞ!ぼくも場所を確保して注文しなくてはっ。
しかし、ざっと見渡して登山者が50人以上はいるぜ、さすがゴールデンウィークだ。
nabewari201804_13
いい場所ゲットしました。初回でこんな綺麗に富士山見れるとはラッキーであった。
ヤマノススメ原作の作中では鍋割山から見る富士山の描写は無かったのですが、条件が良い日はこんな綺麗に見ることが出来ます。
nabewari201804_14
鍋焼きうどん大量生産のオペレーション体制により注文して10分ほどで出来ました。
かなり具も豊富で美味しそう、見えにくいけどかぼちゃの天ぷらやしめじ、えのき茸など色々入ってます。
さて、あおいに「むっちゃおいしい!!」と言わせた鍋焼きうどんのお味はいかに・・・
nabewari201804_15
疲れ果てて食べきれるか不安だったけど、あまりにもうますぎて完食。
むっちゃおいしい。
これ普通の鍋焼きうどんの3倍は美味いし、山で食べる食べ物は3倍美味い法則で計算すると、3✕3でつまり普通の鍋焼きうどんより9倍美味い。
あとモンベルのパンツは短足に対応しているからモンベル最高。
nabewari201804_16
山荘が閉まっていた時などを考慮してクッカーも持ってきていたので、せっかくなので食後のコーピー的なものも嗜んでしまうぜ。
SOTOのマイクロレギュレーターバーナーはプリムスのP-153より燃焼の音が良いので買いました。
ちなみにゆるキャン△のリンちゃんもこれ使ってますね、風にも強いしお湯もすぐ湧くので良いです。

 

 

 

11:10 金冷し経由でバカ尾根から下山 さようならぼくの両足

nabewari201804_17
1時間ほど鍋割山荘で休憩したので出発、金冷し経由で下山します。
ぼくが鍋割山荘を出てしばらくしたらヘリが山荘上辺りでずっとホバリングしてました。
後で調べたら急病人だったようで、搬送までの間は山荘のオーダーもストップしてたらしいです。
あと1時間着くのが遅かったら食べれなかったですね、搬送された方も大丈夫だと良いけど・・・
nabewari201804_18
金冷しから下山し始めてすぐの花立山荘でかき氷休憩。
本当は金冷しから塔ノ岳にも行きたかったけど、足がもう限界なので迷わず撤退です。
塔ノ岳~丹沢山の縦走はヤマノススメ原作14巻でかなりガッツリ描かれているので、また日を改めて彼女たちのルートを辿っていこうと思います。
nabewari201804_19
バカ尾根と呼ばれる急登をひたすら下りていく・・・・膝がしんでしまいます・・・
nabewari201804_20
木道・階段・ガレ場の連続で下半身がもげそうです。
マジで体力を付けようと心に誓ったね、カモシカの様に下りれるようになりたい(寝言)
nabewari201804_21
堀山の家でサイダー休憩、この小屋も原作14巻で描写があるポイントです。
バカ尾根ルートは山荘が沢山あるので、休憩がしやすいのがせめてもの救いです・・・
nabewari201804_22
ようやく林道になってペースが上がってきた。
しかし靴ずれの痛みが酷くて歩くのが辛いです、この靴歩いて分かったけどぼくにはつま先が狭いみたいで失敗したかも。
人気のある良い靴なんだけど、自分に合わないのはどうしようもないね。

 

16:00 大倉尾根入り口に下山完了 丹沢クリステルさんがお出迎え

nabewari201804_23
文明の証、舗装路に帰ってきた・・・ここを700mほど歩くとスタートした駐車場のある大倉バス停です。
nabewari201804_24
大倉の入口にある有名な丹沢クリステルの御尊顔。
夜見たら泣くわ
ぼくはこの手の人形が大の苦手なのです・・・可愛いフィギュア以外は無理。
nabewari201804_25
大倉バス停は下山ラッシュで賑わっていました。
ここは靴洗い場があるので、バスやタクシーに乗る前に泥を落とすことが出来ます。
この後は車ですぐの場所にある日帰り温泉に行って汗を流し、失われたカロリーを取り戻すべくモスバーガーに喰らいつきました。

また来よう。体力つけてからな。

 

 

 

というわけで「新緑眩しい鍋割山から見る絶景の富士山と、鍋割山荘の鍋焼きうどん」でした。

近所の山だし低山なのでお手軽かと思いきや、標高差は1000m以上とアルプス登山並みにハードな行程でありました。
しかし苦労して登った先にあった鍋焼きうどんは、噂に違わぬ絶品のお味・・・・ひなたがあおいに食べさせてあげたかったのも納得。
この鍋割山がヤマノススメ3期で登場するかは分かりませんが、放送されたら更に混むのでは???
道中はそれなりに過酷なので、入山の際にはしっかりとした装備と山岳保険を!

そして大倉~塔ノ岳~丹沢山のルートもヤマノススメ原作14巻で登場していて、そちらは小屋泊もするボリュームたっぷりのエピゾードになります。
そのルートもしっかりと体力を付けてから辿っていきたいと思います。たぶん。

 

関連リンク

Home > adon | 写真撮影 | 登山 | 舞台探訪 > 新緑眩しい鍋割山から見る絶景の富士山と、鍋割山荘の鍋焼きうどん

使用機材レビュー
Canon 2012.10.08
EOS 1DX
SONY 2014.09.10
DSC-RX100M3
CANON 2012.08.14
EF70-200mm F2.8L IS II USM
CANON 2013.01.14
EF24-70mm F2.8L II USM
CANON 2012.06.08
EF17-40mm F4L USM
CANON 2012.01.22
EF100mm F2.8L Macro IS USM
SIGMA 2014.11.17
35mm F1.4 DG HSM
GITZO 2013.02.09
GT3532S
ARCA SWISS 2013.02.27
monoball Z1
ThinkTankPhoto 2012.10.21
StreetWalker HardDrive

Return to page top