Home > adon | 写真撮影 > 夏の北海道!天体のメソッドの舞台の洞爺湖と、望羊蹄のカニバターライス

夏の北海道!天体のメソッドの舞台の洞爺湖と、望羊蹄のカニバターライス

夏の北海道!天体のメソッドの舞台の洞爺湖と、望羊蹄のカニバターライス

夏の北海道旅行は洞爺湖のあたりをドライブしてきました。

 

以前に記事にしたB747政府専用機の最後の展示だった千歳基地航空祭と、味の羊ヶ丘のジンギスカンの続きになります。
千歳基地航空祭を楽しんだ翌日は、宿泊先の苫小牧から洞爺湖方面に向かいました。
洞爺湖といえばTVアニメ『天体のメソッド』の舞台ということもあり、以前より訪れてみたかった場所のひとつでした。
今回旅行前にDアニメストアで天体のメソッドを見直そうとしたけど、ちょっと重くて途中で止めてしまったけどね・・・
しかし一度見ているのでなんとかなる!OKOK!レッツゴー洞爺湖!

 

 

 

 

まずは苫小牧から室蘭に向かう

touyako2018_01
AM2:15 宿泊先の苫小牧を出発。
日曜の夜はドーミーインの大浴場が貸切状態だったので楽しめたけど、結局2泊とも早朝出発でホテルの朝食を食べれなくて勿体無かった。
レンタカーは北海道オンシーズンの最中にも関わらず、タイムスのおまかせプランが安かったので選択。
ノートは初めて運転したけどまあまあだった、でもこのクラスではヴィッツHVが一番乗りやすかったな。
touyako2018_02
4:30 室蘭の最南端にある地球岬に到着、暗いうちに着くかと思ったけど北海道の日の出は早すぎるのでは・・・。
地球岬は数年前に仕事で室蘭に来た時に、現地の支社の方が連れてきてくれた。
当時は写真なんてやってなかったし、風景にも興味がなくて勿体無いことをした。乾いた反応だったと思うので、北海道支社の人にも悪いことをした。
で、地球岬に来たものの日の出の方向と風景が合わないので、近くにあるトッカリショ展望台に行くことにした。
touyako2018_03
トッカリショ~~~~!すごい絶景の場所ですね、しかも車を下りてすぐこれですよ。
良い時間帯はあっという間に過ぎてしまい撤収したけど、ここは元々予定になかったから下調べもしてなくて、もっと先にいけば撮影スポットがあったらしかった・・・
touyako2018_04
室蘭に別れを告げて洞爺湖へ向かう。白鳥大橋から見える雲海が綺麗だった。
洞爺湖までは室蘭本線沿いの道を走るのだけど、北海道らしくのどかな道で良いドライブだった。

 

洞爺湖で天体のメソッドの舞台を辿る

touyako2018_05
6:15 洞爺湖に到着。
TVアニメ『天体のメソッド』では霧弥湖という名称で登場した場所で、湖の上空には円盤が浮かんでいる設定。
今日はちょっと曇ってしまっていましたね・・・
touyako2018_06
作中で一番印象深かったランドマークと言えば天文台であるのは間違いないでしょう。
天文台の中に入るには色々と条件があるので諦めていましたが、建物周辺も施設利用者以外は立入禁止とのことで遠目から写真だけ。
本当はキャンプして夜に星景を撮りたいところだけど、それはスケジュールも荷物も大変になってしまうのであった。
touyako2018_07
朝早すぎてどこも開いてないので洞爺湖周辺を車でドライブ。
羊蹄山もいい感じに見えていて、走っては停まりを繰り返してしまう。
touyako2018_08
作中でも登場した旧とうやこ幼稚園跡は2000年の有珠山噴火の影響を受けた建造物で、この周辺一帯がジオパークとして保全されています。
touyako2018_09
ジオパーク全体はとても広く、洞爺湖側の方は見学者も多かったけど、一番裏手にあたる旧とうやこ幼稚園は閑散としていてぼくしかいなかった。
でも見学を遮るような草木はちゃんと刈られており、手入れが行き届いている場所でした。
touyako2018_10
噴石によるダメージが痛々しい建物の方は自然に任せて保存しているよう。
touyako2018_11
幼稚園全体にこれだけのダメージを受けていながらも、事前の避難が功を奏して人的な被害は0だったそうです。
touyako2018_12
車でぐるっと回ってジオパークの洞爺湖側に来てみました。これは噴火の隆起で押し流された橋のようです。
他にも埋まった標識や車など様々なものが災害遺構として保全されており、軽い山登りをすればカルデラも見ることができます。
カルデラ見たかったけど今回は時間がなかった・・・というか、行こうとしたけどジオパーク内の道を間違えてタイムオーバーになったので泣く泣く諦めたという。

 

望羊蹄でお昼ご飯

touyako2018_13
お昼は『天体のメソッド』の作中で柚季と湊太の家として登場した「望羊蹄」で食べることに。
オープンした途端にお客がどんどんやってきます。平日なのにすごいなぁ、休日はきっと並ばなくてはならないだろう。
touyako2018_14
例の席も撮らせてもらいました。あの席でノエルがオムライスを・・・・!
touyako2018_15
ここは作品リスペクトでオムライスを食べたいところですが、メニューで気になったカニバターライスを思わず注文。
しかしこの望羊蹄さんは奥の席はなかなか暗くて、暗部AFが壊滅的なα7IIはMFで扱うべきであった。
touyako2018_16
意外にもふんわりとカニ風味がする上品な味で、バターも香りが良く油っこくないのでライス代わりに食べれそう。
玉ねぎや人参も適度に歯ごたえがあって口の中が賑やかになる、これはピラフが好きな人なら気に入る味だ。
touyako2018_17
ちょっと物足りなかったのでフルーツパフェを注文。
このくらい普通に食えるだろうと思ったら、クリームやフレークでかさ上げしていないバニラアイス山盛りの真面目パフェだった。
カニバターライスもパフェも美味しかったけど、やっぱりオムライスやハンバーグも食べたかった・・・
こういうメニューが豊富なお店は多人数で取り分けるのがいいなぁ。

 

午後は青空の下で洞爺湖を楽しむ

touyako2018_18
昼過ぎから晴れてきたので、最後にまた洞爺湖周辺をドライブ。
touyako2018_19
『天体のメソッド』にひまわり畑の描写があるんだけど、あれは何処なんだろうね。
とりあえず通り道にひまわり畑があったので軽く撮ってみた。蜂がせっせと働くひまわり畑はいい畑。
touyako2018_20
ひまわりが全部洞爺湖の方を向いてしまっているんだよなぁ・・・
touyako2018_21
洞爺湖の北にあるL字型の桟橋は作中でも非常に印象深い場所。
このそばにあるキャンプ場が見晴らしも良く気持ちよさそうだったので、いつかキャンプをしに来たくなった。
touyako2018_22
天体のメソッドの舞台の洞爺湖とはこれでお別れ、あとは個人的な趣味で登別に向かいます。
このあたりは伊豆スカみたいな快走路で、走っていてとにかく気持ちが良いです。
ツーリングとか来たいなぁ、バイク持ってないけど。

 

 

 

登別クマ牧場でこんなにこんなにこんなにクマさんだ!

touyako2018_23
13:00 登別に到着。ロープウェイで山頂まで。
もう使っていないようですが、古いロープウェイがまだ残っているんですね。
touyako2018_24
登別クマ牧場だー!いや~前から来たかったんですよ。
これはメスの牧場ですね、ここではオスとメスが別々に飼育されています。
touyako2018_25
これはオスですね、恐っ!オスはメスより1.5倍くらい大きいそうです。これは山で会ったら死ぬ。
touyako2018_26
恐ろしいヒグマですが、ここで餌を与えてみましょう。
touyako2018_27
とってもフレンドリーになります。
こいつは水の中で貰うのがウケるとわかってるのか、必ず水に入っておねだりする。
touyako2018_28
完全に芸を極めた個体もいる。
飼育員が何かを教えたわけじゃなく、どうすれば自分に餌を投げてもらえるかを突き詰めた結果の行動なので、熊って本当に頭が良いのである。
touyako2018_29
飼育員が閉じたオリの中に餌を投げると、器用に開けて入り込んでしまった。これも教えたわけではないとのことで驚愕。
キャンプや登山などで山中に生ゴミを放置してくると熊が食べてしまい、人間の食べ物の味を覚えてしまった熊が山から下りてくるらしい。
当たり前だが、決して山では自然の動物に餌をあげたり、生ゴミを放置してはいけない。
touyako2018_30
小熊も別のオリで寝ていた、可愛い・・・
本来であれば北海道の自然で育つはずだったであろう熊たち、人との距離が狭まる中で不便な運命を辿らせてしまった。
せめてここで穏やかに暮らせることを願います。

クマ牧場を見学した後はロープウェイで下まで降りて、せっかくなので登別の石水亭で日帰り温泉に入ってきた。
薄いにごり湯で温度もちょうど良く極楽だった・・・このまま泊まっていきたくなってしまった。
しかし勤勉な社会人のぼくは関東に帰らねばならないので、蕩けた身体に鞭打って空港に向かう。

touyako2018_31
18:30 新千歳空港に到着。
帰りのフライトは21:00なので空港で夕ご飯、空いてる店だったけど美味しかった。
Googleの評価がいまいちだったけど、どうやら本日のおすすめ丼以外は汁物が付かないのが原因らしい。汁物付けて値上げすれば良いのになぁ。

帰りはANAがロールスロイスエンジン改修のせいで機材繰りがショートしてて、定刻から2時間遅れでパニクっていた。
ぼくはエアドゥ機なので影響なくて良かったけど、定刻で羽田に着くも沖止めだったので終電ギリギリになってしまった。

 

 

 

というわけで「夏の北海道!天体のメソッドの舞台の洞爺湖と、望羊蹄のカニバターライス」でした。

北海道、本当に楽しむには一体何日仕事を休めばいいんだ・・・・というくらい名残惜しい旅になってしまいました。
時間さえ許せば、洞爺湖からそのままニセコの方に行ってみたかったのですが、それはまたいつかの楽しみに取っておきましょうか。
ドライブしていても気持ちの良い道ばかりで、あまりスピードの出ないノートでほんと良かったですよ。もう道警には寄付したくない。
そう言えばいつか北海道に自分の車で来て走りたいと思っていましたが、それは絶対やめようかと思います。
だって虫が半端なく付くんだもん。

 

Home > adon | 写真撮影 > 夏の北海道!天体のメソッドの舞台の洞爺湖と、望羊蹄のカニバターライス

使用機材レビュー
Canon 2012.10.08
EOS 1DX
SONY 2014.09.10
DSC-RX100M3
CANON 2012.08.14
EF70-200mm F2.8L IS II USM
CANON 2013.01.14
EF24-70mm F2.8L II USM
CANON 2012.06.08
EF17-40mm F4L USM
CANON 2012.01.22
EF100mm F2.8L Macro IS USM
SIGMA 2014.11.17
35mm F1.4 DG HSM
GITZO 2013.02.09
GT3532S
ARCA SWISS 2013.02.27
monoball Z1
ThinkTankPhoto 2012.10.21
StreetWalker HardDrive

Return to page top