Home > adon | 写真撮影 > カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」で気になったモノ

日常・旅の記事は引き続き makotomatic.com で公開しています

カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」で気になったモノ

カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」で気になったモノ

2018年3月1日~4日にパシフィコ横浜で開催された、カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」に行ってきました。

 

関連リンク

 

カメラおじさん大喜びの祭典「CP+」が今年もパシフィコ横浜で開催されました。
カメラメーカー、アクセサリーメーカーが集うこの展示会では、新製品を実際に触れたり、メーカーの人に直接話しを聞いたり出来るので、大変に楽しいイベントになっています。
他にも著名写真家のセミナーなども開催されており、どのステージも超満員になっていたりします。

今回もCP+に行くことができましたので、会場を歩いていて気になったモノとかの話を。

 

 

cp2018_02
まずは話題の新製品「EOS kiss M」を触ってみたけど、まあ普通にEOS Mですよね。
操作系がM5より簡略化されながらも、エンジンがDIGIC8になっていたり4K動画に対応していたり。
個人的には位置づけがよく分からないのと、ホイールの操作感のチープさは変わっていなかったのが残念。
cp2018_03
FEマウントのヨンニッパが展示、モックらしいです。
もはやEマウントの利点であるコンパクトさが欠片も残っていない姿ですが、測距領域の広さを生かした動体追随性能を持つボディと合わせると恐ろしい子になりそう。
cp2018_04
シグマの105mmF1.4はケース内の展示だけでした。
まあ大きくて重そうではあったけど、コレじゃなきゃ駄目って人は喜んで買うんじゃないかな。
cp2018_05
Zeissのこれは欲しいなぁと思っているんだけど、EF100mmマクロから乗り換えるほどかというと微妙。
自分はフィギュア撮るくらいにしか使わなそうだし、フィギュア撮ってレンズ代出るわけでも無いしという現実を考えると、大金をかけてリプレースする意味は無いかなぁ。
cp2018_06

 

cp2018_07
ケンコーが出した新しいPLフィルター。
自分はZeta(上の写真の真ん中)を使っているんだけど確かに黄色っぽくて、フィギュア撮ると割と気になることが多かった。
新しいPLフィルターは透明度も高そうだしカラーバランスも良いってことで、フィギュア撮影に使うやつだけでも買い換えたいな・・・
cp2018_08
LUMIXはよく分からないけど被写体のバイクがかっこよかった。
cp2018_09
ベルボンのパワークランプという商品をはじめて知ったけど、かなりガッチリ掴めますねこれ。
最近アクションカメラを買ったのだけど、あれは固定方法が難しいんですよね。
これはちょっと使えそうな気がするので頭に留めておこう。
cp2018_10
ミスドが出張してきてたので、好物のココナッツチョコレートを補給した。
金曜だから買えたけど土日は混みそうですな・・・

 

 

 

cp2018_11

 

cp2018_12
Mindviewという台湾メーカーのフィルターなんだけど、NDとPLが一緒になった変態フィルターが置いてあった。
若干厚いので気になって試しに付けてみたけど、とりあえず24mmではケラれなかった。
ここのメーカー、同じような機構でハーフNDの濃度を調整できるフィルターも出してるというかなりの変態企業なので気になる。
まだ代理店が決まってないらしく、会場価格はC-PL+ND82mmで2万ってことでした。
cp2018_13
最近ヨドバシでも扱っているLeofoto製品。
アクセサリーは中華系が本当に強いね、何が強いかって欲しいものを作ってくれてるのが凄い。コピーも多いけどさ。
最近ミニ三脚が欲しくてベルボンあたりのやつを買おうかと思っていたけど、Leofotoのこの三脚見てかなり惚れてしまった。
でもカーボンとは言え雲台なしで28000円ってちょっと高いな・・・モノはすごい良い作りなので欲しいけど。
cp2018_14
専用クイックリリースプレートがずらっと並んだKangRinpoche(カンリンポーチ)というメーカーのブース。
クイックリリースプレートだとRRSが有名で以前は個人輸入で買う人が多かったのだけど、最近は銀一が取り扱いを開始したせいでRRS製品は凄い高い値段で出回るようになってます。
なので安価な中華メーカーは余計に注目されるという図式ですなぁ、ここのプレートは種類も多くて良さそうなのでしばらく見ていた。
ただ凄い軽量なのが気になるんだよね、いや軽いのは良いことだけど・・・長く使っている人のレビューとか見たいね。
cp2018_15
キヤノンのスピードライトのコピー製品で有名なYongnuoも出展してて、中華メーカーは度胸もマジで半端ない。
cp2018_16
ジッツオに新製品のカメラバックが参考出品されていたので説明を聞いてみた。
いたって普通のカメラバックで、三脚メーカーのバッグなのに三脚の収納に別に工夫も使いやすさも感じなかったな。
選択肢の多いロープロとかTinktankPhotoのバッグを使ったほうが良いでしょうね。
cp2018_17
THETAは定期的に欲しくなるんだよねぇ、一度買ってしまえばスッキリするのだろうか・・・
新製品のTHETA Vが出た時に公式のサンプルが酷くお粗末なものだったので一度冷めたんだけど、ここで見たらまたちょっと再燃してきてしまった。
cp2018_18
DJIは完全にドローン1強になってしまったね。
DJIのアプリを使うとその場所がドローンを飛ばせるかとか分かる(細かい地域の決まりは別として)ので、以前より楽しむ環境がかなり整備はされていると思う。
ドローンはほぼオートで飛行できて衝突も回避するし電池が切れそうになれば戻ってくるし、予め幾つかのカメラワークも登録されているので難しい操作は全然必要ないし。
新製品のMAVIC AIRはぼくもかなり欲しいんですけど、ちょっとお高くて妄想で我慢しています・・・
触るだけでも見たかったけど、すごい混んでいるのでやめちゃった。下手に触って欲しくなると困るしまあいいかな。
cp2018_19
モニターはそろそろ新しいの欲しいなぁ、メインで使っているけどEIZOのは本当に良い。
同じ24インチを考えていたけど、27インチも悪くないなとか思ったり。
cp2018_20
アウトレットに欲しかった雲台があったので買ってしまった。
以前からトレッキング用に軽い雲台が欲しいと考えていたんだけど、候補のひとつだったSURUIのG-10Xが店頭より2000円くらい安く買えたので良かった。
cp2018_21
帰りがけに以前から夕陽を撮りに行こうと思っていたスポットに寄ってみた。
もうちょっと雲があればよかったけど、ここは来やすいのでまた来てみよう。
そういえばぼく神奈川に数十年住んでるけど、ベイブリッジの下に一般道があるの最近知りました・・・

 

 

 

というわけで「カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」で気になったモノ」でした。

最近ボディやレンズなどの機材にはあまり興味がないせいか、前みたいなワクワク感が薄れてきちゃったなと。
反面、便利なグッズとかには敏感に反応しているのですが・・・!
カメラやレンズにしてもグッズにしても、一同に集まるこの展示会は非常に興味深いものでありますな。

 

関連リンク

Home > adon | 写真撮影 > カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」で気になったモノ

使用機材レビュー
Canon 2012.10.08
EOS 1DX
SONY 2014.09.10
DSC-RX100M3
CANON 2012.08.14
EF70-200mm F2.8L IS II USM
CANON 2013.01.14
EF24-70mm F2.8L II USM
CANON 2012.06.08
EF17-40mm F4L USM
CANON 2012.01.22
EF100mm F2.8L Macro IS USM
SIGMA 2014.11.17
35mm F1.4 DG HSM
GITZO 2013.02.09
GT3532S
ARCA SWISS 2013.02.27
monoball Z1
ThinkTankPhoto 2012.10.21
StreetWalker HardDrive

Return to page top