Home > adoff | フィギュア撮影 > フィギュア撮影 ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美

フィギュア撮影 ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美

フィギュア撮影 ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美

ファット・カンパニーから発売されました「双海亜美&双海真美」を撮影しました。
シリーズ第9弾!

 

いや~、長らく放置していたフィギュア撮影カテゴリが再始動でございましゅ。
今年の始めくらいはPVCもどんどん撮るぞ!なんて思っておりましたが、他のことを優先するあまり撮影途中の亜美真美を長期間撮影台に放置していました・・・
そんなわけで、とりあえずこのGWはで撮影・調整をフィニッシュしましてのレビュー。
発売から間が空きましたが買ったPVCに関してはいつアップしようが自由にやっておりますのではい。

さてさて、ファット・カンパニーのアニマスジャケ絵シリーズも第9弾になりました。
今回はシリーズ随一となる「2体セット」の亜美真美ですが、こりゃまあ凄い完成度ですよ。
原型製作はもちろん間崎祐介氏で、シリーズを通して素晴らしいお仕事をしてくださっております。
2体ということでボリュームもありますが、これは2体セットでなくては絶対にいけなかったんだという説得力のある商品になっていますんで、ここは是非レビューでお伝えできれば・・・!

 

 

ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美 レビュー

メーカー/商品名 ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美
発売日 2017年1月
作品名 アイドルマスター
価格 17,800円 +税
仕様 ABS&PVC 製塗装済み完成品・1/8スケール・専用台座付属・全高:約240mm
原型製作・彩色 原型製作:間崎祐介 彩色:まいもっち(鶴の館)

 

 

phat_amimami_01 phat_amimami_02
phat_amimami_03 phat_amimami_04
外箱&ブリスターは2体セットの割に非常にコンパクトに収まっておます。
とは言えシリーズも第9弾となると、お部屋の特設コーナーもいっぱいになってきておりますw
完走したらデトルフ買って移し替えようかな~と思っているので楽しみ。

 

phat_amimami_05
んっふっふ~

 

phat_amimami_06

 

phat_amimami_07

 

phat_amimami_08

 

phat_amimami_09

 

phat_amimami_10

 

phat_amimami_11

 

phat_amimami_12
ジャケ絵を忠実に再現している以上に、その世界をさらに広げている立体化といえるこのシリーズ。
今回の亜美真美も最高オブ最高オブ最高のフィギュアになってるぜ・・・!
phat_amimami_13

 

phat_amimami_14

 

phat_amimami_15
真美の背中に亜美が飛びついている元気いっぱいのポーズは、アニメ版Blu-ray&DVD第4巻の錦織監督描き下ろしのイラストからの立体化です。
とにかく目の前に置いていて幸せな気分になれる、フィギュアの楽しみの根源を再確認出来るフィギュアと言っていい。
phat_amimami_16

 

phat_amimami_17

 

phat_amimami_18

 

phat_amimami_19
衣装はかなりカラフルな柄のもので、ダウンジャケットとの質感の差もしっかりと再現。
塗り分けが心配だったけど、対コストで考えると上々の仕上げになっていると思います。
このあたりの印象は個人差があると思うけど、2体で定価17,800円+税というプライスを考えると、かなり頑張った出来だ。
もっとコストをかければ細部の塗り分けも良くなるだろうけども、このシリーズは恐らく多くの人に買って欲しい、コンプリートして欲しいというコンセプトで価格とクオリティのバランスを調整していると思う。
そこは第一弾の響からブレていないので、生産調整等のディレクションのレベルが相当に高い
phat_amimami_20

 

phat_amimami_21

 

phat_amimami_22
脚の造形を見るだけでこの双子の元気の良さが伝わってくる。
一番グッとくるのは亜美の右足のひざ裏の「たるみ」で、これはもうたまらない。
phat_amimami_23

 

phat_amimami_24

 

phat_amimami_25

 

phat_amimami_26

 

phat_amimami_27
ヘッドホンやシュシュなど小物の仕上がりもとても良いですな。
phat_amimami_28

 

phat_amimami_29
イエロー

 

 

phat_amimami_30
亜美には表情パーツが付属しており、付けるとこんな感じになります。
phat_amimami_31

 

phat_amimami_32
フィギュア業界あるあるで、目を閉じているフィギュアは何故か不評になる傾向があり、ウインクですら物言いを付けるユーザーがいるらしい。
どうやらアイプリの手間をサボったという心理?のようでぼくには全く理解できないんだけど、目を閉じている元絵やキャラデザならそれでいいのではと思うけどねぇ。
もしかして、この亜美の差替パーツはそのあたりを考慮してのものなのだろうか。
担当さんの個人的趣味な気もしないでもないけど、とりあえずこの表情は可愛すぎてしぬのでありがとうございます。
phat_amimami_33

 

phat_amimami_34
真美もアップにしておきましょう。
このシリーズは本当に面相外さないよね、可愛すぎる。
phat_amimami_35
亜美だけだとこんな感じ。
体制の関係だろうけど、亜美の方が若干胸の膨らみが認識しやすい気が。
phat_amimami_36
台座はパーソナルカラーを基調としたシリーズで統一されたデザインのもの。
鉄心のダボは有り難い、フルプライスフィギュアは特別な理由がない限り鉄心を使って欲しいです。

 

 

あとは適当に

 

 

phat_amimami_37

 

phat_amimami_38

 

phat_amimami_39

 

phat_amimami_40

 

phat_amimami_41

 

phat_amimami_42

 

phat_amimami_43

 

 

 

というわけで「フィギュア撮影 ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美」でした。

こんな双子の妹が欲しい人生だった。
とにかくこれは愛で甲斐のあるフィギュアであると断言できますね・・・・!
2体セットというボリュームで価格も高めではありますが、日和って2人を別にしなかったファット・カンパニーに感謝であります。

このシリーズは第10弾の律子が2017年5月発売予定、そして11弾・12弾の千早と春香の原型もワンフェスで公開されていて、こちらも彩色がされるのが待ち遠しい状態。
この12アイテムを以って765プロのアイドルはコンプになるわけですが・・・あれあれ、外箱に記されたナンバリングは13までになっていますよね???

続報、全裸待機させていただきます。

 

関連リンク

Home > adoff | フィギュア撮影 > フィギュア撮影 ファット・カンパニー 双海亜美&双海真美

MaxFactory 酒呑童子
キューズQ 九条カレン 水着Style
SKYTUBE 雨宮皐月
MaxFactory アイちゃん
コトブキヤ レン
コトブキヤ 新宿オルタ

 

 

キューズQ 2018.05.25
北方棲姫
キューズQ 2018.05.11
西住まほ
キューズQ 2018.04.20
ララ ドレスStyle
Lose 2018.1.31
ハチロク
AMAKUNI 2017.12.26
白衣の女神 リサ
AMAUKNI 2017.12.05
美遊・エーデルフェルト
AMAUKNI 2017.12.01
遊城十代
AMAUKNI 2017.10.27
大淀
キューズQ 2017.09.22
霧雨魔理沙 東方香霖堂版

 

 

AMAKUNI 2018.04.19
鹿島
マックスファクトリー 2017.12.16
結城美柑
MaxFactory 2017.10.11
ナナ・アスタ・デビルーク
AMAKUNI 2017.09.15
黒点の巫女 タマヨリヒメ
アルター 2017.09.05
園田海未
リボルブ 2017.05.25
レ・フィーエ
ファット・カンパニー 2017.05.04
双海亜美&双海真美
アルター 2017.02.16
セイバーオルタ ドレスVer.
キューズQ 2017.01.29
アリス・カータレット ワンピース
アルター 2017.01.19
矢澤にこ
アルター 2016.10.27
西木野真姫
ファット・カンパニー 2016.10.09
三浦あずさ
AMAKUNI 2016.09.14
イリヤ&クロ
アルター 2016.06.17
黒咲芽亜
アルター 2016.05.21
古手川唯
アルター 2016.05.11
西木野真姫 水着Ver.
アニまるっ! 2016.04.09
琴吹紬 ~K-ON! 5th Anniversary~
キューズQ 2016.03.22
愛宕

figure_archive フィギュア撮影一覧

Return to page top