Home > adon | 舞台探訪 > TARI TARI 舞台探訪 和奏ちゃん謎の外国人にストーキングされる 第3話放送分

TARI TARI 舞台探訪 和奏ちゃん謎の外国人にストーキングされる 第3話放送分

TARITARI舞台#50

TARI TARIも第3話になってキャラも立ち始め、いよいよ面白くなって来ました。
放送日の翌日が海の日で休日だったので、思わずまた舞台探訪・聖地巡礼に行って来ました。

 

TARI TARI 舞台探訪一覧

 

 

次は数話ほど溜めてから行こうと思っていたのですが、仕事が休みだったし天気もすこぶる快晴だったので、いてもたってもいられなくなってしましました。

とは言っても、第3話のシーンは今まで探訪した場所とさほど変わらない場所でしたし、新たなランドマークが登場したわけでも無かったので、午前中だけ行動して帰宅した次第でございます。

 

 

江の島エリア 和奏の通学路(江ノ島弁天橋)

TARITARI舞台#38
第3話のカットです。
このシーンで和奏は家から江の島の下までは徒歩、どこかに置いてある自転車で橋から学校まではチャリ通ということが分かりました。
ただアニメでの橋は長いのか、実際の舞台と比べると絵面と時系列が合わないので、絵面重視で撮影しました。

 

TARITARI舞台#41
和奏の自転車のチェーンが外れて困っているシーンです。
江ノ島弁天橋にはここのような膨らんだスペースが3箇所ありますが、海や防波堤の感じから一番島側の方で撮影しました。
ただ冒頭のチェーンが外れる前のシーンは本土側からでないと奥行きが合わなかったので、一番本土側から撮影しました。
ですので時系列的にはややおかしくなってしまいますが、ここは似たような風景ですので自分が一番それらしいと思った場所でいいかなと思いました。

 

TARITARI舞台#39
謎の外国人が現れたシーンです。
念のため前述の3箇所ともで撮影しましたが、この場面の背景を見るとやはり島寄りが近いのかなぁという感じです。
他の場所だと浜が映るからなのですが、満潮・干潮で変わることなので実際はなんとも言えないです^^;

 

TARITARI舞台#40
アイアムノーマネー!サンキュー!で和奏が全力ダッシュで逃げるシーンです。
距離感的には島側のここで良さそうですが、真ん中でも?う~ん。
もうよくわからないですw
とりあえずこのシーンは最高でしたね^^

 

 

江の島エリア 浜辺の海の家

TARITARI舞台#42
第3話終盤に出てくる海の家です。
特に重要なシーンではありませんが、早朝で空いていたし天気も良かったので撮影しました。
当然海の家の形は違います。

 

 

江の島エリア 湘南モノレール 湘南江の島駅

TARITARI舞台#43
湘南モノレールの湘南江の島駅です。
江ノ電江の島駅からすぐですが、そのままモノレールの駅に向かってしまうとここには来れないので、回り道をして裏の山を登る必要があります。
一応歩道があるのですが、あまり人も通らない道なので雑草がすごいです。
一致を求めるなら反対に渡るのがいいと思いますが、歩道が無いし車やバスが頻繁に通るのでとても危険な為、お勧めできません。

 

TARITARI舞台#44
湘南モノレール湘南江の島駅のホームです。
入場券なるものは無いみたいで、最短区間の切符を購入して入場するしかありませんでした。
そのままでは自動改札を出れないので、駅員さんに乗車しない旨を伝えて退場しなくてはなりません。
う~ん、170円勿体無い気が・・・^^;
制作側が取材で湘南モノレールに乗ったのであれば、この先の話で湘南モノレール沿線の場面も出てくるかも知れませんね。
そうすればここも抱き合わせで探訪出来るのですけどね。

 

 

鎌倉高校前駅エリア 通学路

TARITARI舞台#45
第1話の「恥ずかしいいい!!!」の坂道を下ったところです。

 

鎌倉高校前駅エリア 踏切

TARITARI舞台#48
鎌倉高校前駅の東側の踏切です。
ちょうど良い撮影位置は海側の階段の上で、ここからOPのシーンも同時に撮ってしまえば一石二鳥です。

 

TARITARI舞台#46
踏切横の壁です。
和奏を待ち伏せしていた謎の外国人と踏切越しに鉢合わせしたシーンです。

 

TARITARI舞台#47
鎌倉高校前駅から踏切を見たショットです。

 

 

鎌倉高校前駅エリア 謎の外国人が張っていた場所

TARITARI舞台#49
謎の外国人が和奏を待ち伏せしていた場所です。
あそこの踊り場からOPのカットと先ほどの踏切のカットが撮影できます。

 

 

江の島エリア BD通常版&DVD版1巻ジャケット画像の場所(2012.07.17追記)

TARITARI舞台#51

追記です。
TARI TARI BD通常版&DVD版1巻ジャケット画像の場所です。(AAは初回限定版です)
ジャケ絵が出ているのに気が付きませんでした。
過去に撮った写真で近いのがあったので一応載せておきます。
次回にもう少し近いカットを撮っておこうと思います。

場所は江の島の裏路地ですが、登る時はエスカーで帰りはこの島の脇を抜ける裏路地を使うととても楽です。
裏路地は下の参道に降りるまで緩い下り坂になっていて、階段がないのでオススメです。
夕焼け時には綺麗な夕日も見れます。
紗羽のサブレとの散歩コースで似てる場面もこの道にあるのですが、あまりに情報量が少なくて確定できません。
もっとも作中だと散歩コースは島では無いのですけど。

 

 

という感じで第3話の舞台探訪でした。
詳しい地図は一番下のGoogleマップをご参照下さい~。

 

 

 

探訪後記

江の島スナップ

江の島に行くと猫が多いことに気が付きます。
ぼく自身も猫が大好きなので、カメラを買ってから何回か猫を撮りに江の島に来たことがあります。

人が多い日中でも江の島の猫は人を怖がらずに道端やあちらこちらで昼寝をしています。
可愛いです。

でもこの子達は皆捨て猫なのです。

今に始まったことではありませんが、江の島は捨て猫の島とも呼ばれています。
心ない人達が江の島に猫を捨てていき、生き残った猫たちがまた繁殖をして増えるんだそうです。

江の島の猫は人懐っこくて可愛いので、ある意味江の島の一部になっている部分もありますが、だからといって猫を捨てていく人間を肯定する理由にはなり得ません。

江の島の住民の方々が面倒を見たり避妊などの対策をしておられはいるようですが、いかんせん猫が多すぎて追いつかいような話も聞いています。
そこで江の島ではもっとも人通りの多い参道に募金箱が置かれ、「江の島ネコ基金」として観光客の善意を募っているようです。

もちろん基金を募っても猫を捨てる心なき人々がいなくなるわけではありませんが、今いる猫たちの助けにはなります。

もしぼくの「TARI TARI舞台探訪」の記事が参考になって江の島に探訪に訪れることがありましたら、1円でもよいので基金に寄付をして頂ければ嬉しく思います。

 

 

舞台探訪MAP


>より大きい地図で見る

 

当記事では比較・研究を目的として一部画像を引用しております。
当該画像の著作権は「TARI TARI PROJECT」にあります。

 

 

コメント (Close):4

nichirou 12-07-17 (火) 22:40

探訪乙です。
TARITARI良いですよね~。
今期最も楽しんでるアニメです。
最後を必ず歌で占めるってのも好きですし。

3話を先ほど見終わりましたが、本当にそれぞれのキャラが生き生きし始めましたね~。
「I don’t money!」 にはワロタw
和奏・・・頭良さそうなのに・・・w

聖地巡礼が楽しみになってきました。
江の島は実家の近くなので、その内巡礼するつもりでいるのですが、ほいほい行ける距離でもないので、
もう少し話数をこなしてからにする予定でいます。
その際にはmap参考にさせて頂きます~。

makotomatic 12-07-18 (水) 20:56

>nichirouさん
コメントありがとうございます~^^
TARI TARIなんだかんだで面白くなって来ましたね。
贅沢を言えば土曜放送なら日曜に舞台探訪に行けるのにと思うのですが^^;

>江の島は実家の近くなので
おお、そうなんですか!舞台探訪の際はnichirouさんの素敵スナップを楽しみにしてますよ!
今回初めてMAPなるものを作ってみましたが、お役に立てば何よりです^^
地元民として出来るだけ埋めていきたいとは思うのですが、江の島自体は生活圏ではないので、これからなかなか見つかりにくい場所も出てきそうです。

hjm 12-07-19 (木) 16:16

すばらしいの一言。感動しました。
これからも応援しています!

makotomatic 12-07-19 (木) 23:07

>hjmさん
どうもありがとうございます^^
可能な限り頑張りたいと思います。

Home > adon | 舞台探訪 > TARI TARI 舞台探訪 和奏ちゃん謎の外国人にストーキングされる 第3話放送分

使用機材レビュー
Canon 2012.10.08
EOS 1DX
SONY 2014.09.10
DSC-RX100M3
CANON 2012.08.14
EF70-200mm F2.8L IS II USM
CANON 2013.01.14
EF24-70mm F2.8L II USM
CANON 2012.06.08
EF17-40mm F4L USM
CANON 2012.01.22
EF100mm F2.8L Macro IS USM
SIGMA 2014.11.17
35mm F1.4 DG HSM
GITZO 2013.02.09
GT3532S
ARCA SWISS 2013.02.27
monoball Z1
ThinkTankPhoto 2012.10.21
StreetWalker HardDrive

Return to page top