Home > イベントレポート > 東京オートサロン2013 コンパニオン編

東京オートサロン2013 コンパニオン編

東京オートサロン2013 コンパニオン編

前回の「東京オートサロン2013 展示車両編」に続きまして、今回はコンパニオン編です。

 

こういう展示会の華といえばやはりコンパニオンさんたちでございます。
クルマもひと通り見終えたことだし、今度はコンパニオンさんを撮らせてもらいました。

そんな訳で写真をどうぞ。
※掲載に問題がありましたらご連絡ください。

 

 

 

GOOD YEAR

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#101

 

 

 

はろーすぺしゃる

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#102

 

 

 

BRIDGESTONE

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#103
TOKYO_AUTO_SALON 2013#104

 

 

 

PREMIERE

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#105

 

 

 

AUTO GLASS

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#106

 

 

 

EXEDY

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#107

 

 

 

clarion

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#108

 

 

 

carrozzeria

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#110
TOKYO_AUTO_SALON 2013#109 TOKYO_AUTO_SALON 2013#111

 

 

 

unknown

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#136
TOKYO_AUTO_SALON 2013#112 TOKYO_AUTO_SALON 2013#113

 

 

 

Chu Z

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#114
TOKYO_AUTO_SALON 2013#115

 

 

 

TOMMY KAIRA

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#116

 

 

 

YOKOHAMA TIRE

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#117

 

 

 

Preasure One

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#118

 

 

 

AIWA

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#122

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#123 TOKYO_AUTO_SALON 2013#124

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#125
TOKYO_AUTO_SALON 2013#126 TOKYO_AUTO_SALON 2013#127

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#129
TOKYO_AUTO_SALON 2013#128 TOKYO_AUTO_SALON 2013#130

 

 

今年もAIWAブースは大盛況。
ボディペイントの実演もやってました。
本業はクルマにペイントする方だと思いますが^^;

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#131
TOKYO_AUTO_SALON 2013#132 TOKYO_AUTO_SALON 2013#133
TOKYO_AUTO_SALON 2013#134

 

 

 

FAB Design ASIA

 

TOKYO_AUTO_SALON 2013#135

 

 

 

というわけで「東京オートサロン2013 コンパニオン編」でした。
写真はFlickrにアップしてあります。

 

 

 

 

撮影後記

TOKYO_AUTO_SALON 2013#1

 

今回も東京オートサロンを満喫してきました。
元々クルマは好きな方なので、こういうのを見るとクルマ買って弄りたくなってしまいますね。
今回はマインズの出展車両が無いのが残念でしたが、JUNやTOPSECRETの車両を見れて大満足。

撮影は1DXと新規レンズのEF24-70mm F2.8L II USMとスピードライト430EX2で望みました。
やっぱり24-70mmは使いやすいですね。これ1本で必要な画角を十分まかなえました。
ロクに試し撮りもせずに即実戦投入でしたが、写りには概ね不満はありませんでしたし非常に良いレンズです。
このレンズについては後日レビューをアップしたいと思います。

難しかったのはやはりストロボの有無とISOの兼ね合いですね。
車両撮影だとストロボ無しISO上限3200で問題有りませんでしたが、コンパニオンさんを同じ設定で撮るとやはり厳しい。
ストロボの使い方がなっていない自分は大反省になってしまいました。

毎回ストロボ撮影が下手だという反省になってしまうのですが、いまいち練習の仕方が良くわかりません^^;
メッセ会場のような環境は特殊なので、同一環境を再現出来ないですし、本番の中で練習も兼ねる形になってしまうのが現状です。

まあイベントでぶっつけ本番で1灯で撮っているのでこんなものと言えばこんなものなのかも知れません。
CP+も控えていることですし、もう少し何かうまい方法が無いものか考えてみます。

 

 

コメント:2

ゆっきー 13-01-13 (日) 11:47

こんにちは。
目の保養になりました。ありがとうございます(*^_^*)
私もCP+とWFは撮りに行こうと思っています。

ストロボの件ですが、展示会だと派手な色彩で反射しやすい光沢系な素材が使われることが多いのもあって
その影響かもしれませんがちょっと暴れやすという感覚はありますね。
そもそもブースの照明が色温度寄ってたりもしてますし、色を合わせようとするとなかなか難しいですよね。
私はストロボ持って行っても使わなかったり、弱めに焚いたりしていることが多いです。

そういえば気になるレンズ名が書かれていますね。こちらのレビュー記事も楽しみに待ってますー

makotomatic 13-01-14 (月) 18:57

>ゆっきーさん
コメントありがとうございます。
ぼくもストロボは使ったり使わなかったりでマチマチでした。
ストロボ自体で色が合わせにくくなることも多いのであまり使いたくないのですが
そうするとやはり拡大時にノイズが目立つので悩ましいところです^^;

レンズの方はイキナリの実戦投入でしたが相当気に入りました^^
やはり標準ズームは持ってないといけなかったですね。
レビューの方も稚拙ながら作成してみましたので、良かったら見てください^^

コメントフォーム
Remember personal info

Home > イベントレポート > 東京オートサロン2013 コンパニオン編

フィギュア撮影
アルター 2014.11.27
春日野穹 チャイナドレスVer.
アルター 2014.11.12
The Muse of Range Murata
コトブキヤ 2014.11.03
アルター 2014.10.13
飛鳥 命駆Ver.
ネイティブ 2014.10.05
紺堂夢
アルター 2014.09.12
すーぱーそに子 水着サンタVer.
マックスファクトリー 2014.09.09
黒咲芽亜
アルター 2014.08.31
結城美柑
AMAKUNI 2014.08.30
島風
フリーイング 2014.08.20
初音未來
京アニ 2014.08.14
凸守早苗
アルター 2014.07.22
リネット・ビショップ
アルター 2014.07.11
フランチェスカ・ルッキーニ
コトブキヤ 2014.06.28
南ことり
ファット・カンパニー 2014.06.17
水瀬伊織
オルカトイズ 2014.06.07
黒猫 MIZUGIバージョン
コトブキヤ 2014.05.27
園田海未
ファット・カンパニー 2014.05.23
我那覇響
アルター 2014.05.12
ペリーヌ・クロステルマン
ネイティブ 2014.04.29
鈴木マルギット
アルター 2014.04.20
谷川柑菜
AMAKUNI 2014.04.17
【魔帥】ダークジェネラル
GSC 2014.04.14
阿良々木月火
GSC 2014.03.26
鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語

figure_archive フィギュア撮影一覧

 

Return to page top